toggle

耳鳴り・難聴の症例

耳鳴り・難聴の症例

耳鳴り・難聴の改善報告

症例1 左耳の低音障害型感音性難聴と耳鳴り

患者

40代 女性

来院

2019年9月

症状

3週間ほど前から耳鳴りと難聴が起こる。地元の耳鼻咽喉科に行き、点滴や内服薬での治療を行なう。耳鳴りは「ジーン」や「キーン」という音がある。こもった感じも少しあり、低い音が聞こえない。頭痛や首、肩こりも感じている。静かなところや寝るときに耳鳴りの音がすごく気になる。ネットで検索し当院に来院される。

治療内容

触診すると押すと痛みが出るほど左首の緊張が強い。ふくらはぎのツボと臀部のツボに鍼をし、首の緊張を緩める。顎の緊張も強く押すと痛みがあり、食いしばりの自覚がある。手首と肩甲骨のツボに鍼をし押した時の痛みが消失。

初回の治療が終わったあと耳鳴りが気になって寝つきが悪かったがよく眠れたと。同様の方針で週2回の治療を進める。

5回目で耳のこもった感じが取れてきており、耳鳴りも小さくなってきているとのこと。

6回目には低い音が聞こえるようになってきた。綿棒で耳掃除をするときの音が聞こえなかったが聞こえるようになってきたとのこと。

11回目には7〜8割くらい良くなっている感覚がある。

14回目の時に前の週で耳鳴りは1回だけあったが聞こえてるかなと思うくらい小さかった。耳がこもる感じもなく、低音も聞こえているとのこと。

だいぶ良くなったが今後も間隔を開けながら治療を継続していく。

主に使用したツボ

大臀L、ニノ臀L、養老L、光明L、膀胱兪L、地天L

まとめ

耳鳴りは難聴に伴って起こることがよくある。発症後早い段階で来院いただけたので回復に繋がった。また通院ペースも崩さずに治療できたのも大きい。今回の症例は臀部の緊張が耳に影響してしまったと考えられる。病院で匙を投げられたものであってもはり治療なら改善する可能性が残されている場合もある。それは耳だけを見るのではなく全身を見ることに他ならない。今後も症例を重ね、精度を高めていきたい。

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

症例2 左耳の難聴と耳鳴り

患者

50代 女性

来院

2019年12月

症状

1年前に突発性難聴と診断される。病院で処置を受けるも思ったような回復はせず、漢方など試しているが大きな変化はないと。現在は耳鳴りの音が大きいことに悩まされている。耳鳴りが大きいときは他の音も聞こえないほど。そのせいで睡眠も満足にできない状態のため導入剤を飲んでいる。耳鳴り音が少しでも小さくなり、会話や睡眠が少しでもよくなることを期待して来院。

治療内容

1年前に発症している難聴・耳鳴りのため期待している効果が出るかはやってみないと分からないということをお伝えして治療を開始する。まず触診してみると側頸部、胸鎖乳突筋、顎関節に強い緊張を感じる。まず背中のツボに鍼をして首の緊張を緩める。次に手のツボに鍼をして胸鎖乳突筋を緩める。腹部を触診してみると首や肩に関係するエリアに反応が強く出ていたため、腹部を緩めるため、膝の内側やスネに鍼をした。最初に緊張していた部分に緩みを得られたため初回は終了する。難聴の治療中は一時的に耳鳴りなどが回復期に大きくなることなどをお伝えする。

2診目

前回後から高い音の耳鳴りが聞こえるようになっている。また雨の日など天気の悪い日は耳がこもる感じが強くなるが酷い感じがしないと。前回同様の治療をする。

3〜4診目

2診目以降は耳鳴りが大きくなった。特に3診目は耳鳴りがかなり酷くなり少しパニックになった。また首や肩のコリ感も強くなっていると。初回同様、顎関節や首の緊張を緩める治療をする。

5診目〜

4診目の後からは嘘のように症状が楽になったと。首、肩のコリ感はかなり減り、耳鳴りも静かなところに行けば聞こえる程度まで小さくなる。治療を重ねるごとにつまり感も減っていき、会話も聞こえずらかったものが次第に聞こえやすくなってい感じするとのこと。

現在も音が入ってくるときにハウリングする感じがあるとのことで治療は継続中。経過は追記予定。

主に使用したツボ

外丘(L)、大臀(L)、四隧(L)、曲泉(L)、三陰交(L)

まとめ

1年前に発症している難聴、耳鳴りだったが最初に期待されていた耳鳴りが小さくなるという効果が感じていただけて一安心の症例。今回は割と少ない治療で回復傾向が見られているが、かなりうまくいった方ではないかと思っている。難聴の治療の場合、回復途中で耳鳴りが大きくなってしまうことがある。必ず最初にお伝えはしているが、いざ起こると悪くなったとかなり焦ってしまうので、しっかりお伝えすることは大切である。まだ治療継続中のためよ結果が出たら追記予定。

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

症例3 右耳の突発性難聴、耳鳴り、耳のつまり感

患者

40代 男性

来院

2020年2月

症状

来院する前週の月曜日から耳がムズムズしはじめる。次第に治るだろうと放っておいたら更に酷くなり水曜日に耳鼻科にかかり、突発性難聴と診断される。薬を飲み始めて少し回復している感じはするが治療は早い方がいいと思い、ネットで当院を見つけ来院いただく。

治療内容

話を聞いてみると特に思い当たるような原因は分からず、自分でも驚いていると。仕事で騒音がする場所にいることが多く、重労働や運転が多いと。触診してみると、耳に影響する箇所にいくつか緊張を感じる。股関節を緩めるため足首と膝に鍼をする。重労働のため食いしばりが関係すると考え、腰のツボに鍼をする。乳様突起と言われる箇所に緊張があったため手のツボに鍼をする。緊張している箇所の緩みを確認できたため初回の治療は終了した。後日、病院にいった際に聴力検査をしたところ聴力が大幅に回復、病院では完治と言われたと。治療後2日目から徐々に症状が緩和されていき、日常生活でも気になることは何もないとのこと。また耳の症状が何か2日以上続けて出るようだったらすぐご連絡をいただくようお伝えし終了。

主に使用したツボ

申脈(R)、玉竧(R)、膀胱兪(R)、後谿(R)、僕参(R) 

まとめ

今回は1回の治療で大幅に回復した症例。投薬治療も併用していたので良い効果が出て、患者さんの負担を減らせてよかった思う。ただ今回のケースはかなりうまくいった方で通常なかなか一回で大幅に変化というのは難しいところである。工事現場やコンサートなど騒音があるところに行くと難聴になるケースは結構多いので。騒音がする環境にいる方は耳栓をするなどの対策をした方が必要。

難聴・耳鳴りのページに戻るのはこちらから

お電話・LINE@からご予約いただけます

当店は、はり治療、ヨガともに完全予約制です。

はり治療、ヨガともに予約時間が固定されています。

下記のネット予約画面よりスケジュールをご確認してください。

お電話からのご予約

予約受付時間:9:00~20:30
TEL:0562-74-4107

LINE@からのご予約

LINE@からのご予約も受け付けております。

ご予約は24時間受付しておりますが、返信にはお時間を頂くこともあります。

ご予約の他にもご質問も受け付けております。

下のバナーよりお気軽にご登録してください。

ネット予約

ネット予約は仮予約です。

当店よりメールが返信が送られてくると予約完了になります。

※定員がいっぱいの時も予約ができますがキャンセル待ち登録になります。

ネット予約の手順

①メニューより「はり治療」か「ヨガ」を選択。

はり治療メニューの注意点

・当店で初めて「はり治療」を受けられる方はメニューから”初診の方はこちら”を選んで予約してください。

・「はり治療」が2回目以降の方はメニューの”初診の方はこちら” ”2回目以降の方はこちら”のどちらからでもご予約できます。

・2回目以降の方は”すべてのメニュー”を選択された方が見やすいです。

②ご希望の日時を選ぶ

③仮予約後に当店から予約確定メールが届き次第、予約完了です。

※はり治療が初めての方でどうしても日程が合わない方がいらっしゃいましたら、LINE@もしくはお電話でご相談ください。

Instagram