toggle

四十肩・五十肩

当院の新型コロナウイルスへの対策について

こちらをクリック

五十肩(肩関節周囲炎)

肩が上がらない、着替えの時に肩が痛む、髪を洗う、手を後ろに回す動作がやりにくいなどの症状が五十肩の代表的な症状です。五十肩は正式には肩関節周囲炎といい、肩関節を中心に痛みや運動制限が出てきてしまいます。肩周辺の筋肉や腱などが加齢により変化、または血液循環が悪くなることで起こると言われていますが、はっきりとした原因は分かっていません。以前では50代の方がかかることが多かった症状ですが、最近では若い人も多い症状です。

このようなお悩みの方におすすめです

  • 肩の痛みは放っておけば治ると言われ長期間放置しているが治らない
  • ある日突然痛みで肩が上がらなくなった
  • 夜も痛みが強すぎて眠れない
  • 着替えるのも一苦労
  • 痛みは治まってきたものの方が動きにくい

hitohariが考える五十肩の原因

この症状は肩に痛みが強烈に出るため肩周辺に問題があると思ってしまいます。実際、軽度の五十肩の場合は肩周辺の施術で改善することもありますが、肩にアプローチしてもらっているのになかなか改善しないケースがあります。その場合全身に目を向ける必要があります。

当院が考える五十肩と関係の深いところを分類してみました。

①首(うなじ)

②背骨

③腰臀部

④股関節

⑤足関節

簡単に分類してみましたが、ご覧のとおり肩関節はさまざまな部位からの影響を受けています。

肩関節は上記の部位と協調することでスムーズに腕を動かすことができます。上記の部位に問題が起こると肩関節との協調が取れなくなり肩関節に負担がかかります。その負担を放っておくと炎症が起こり強烈な痛みになっていきます。なかなか改善しない五十肩の場合、原因となっている部位は肩ではなく首(うなじ)、背骨、腰臀部、股関節、足関節になります。いろんな治療をしてみたがなかなか改善されない場合は、全身に目を向ける必要があるかもしれません。

五十肩の痛みと動きの関係

五十肩の改善に必要なのは動きの改善です。お一人おひとり痛みが強く出る動きは違います。痛みが強く出る動きに合わせて原因部位を見極めていくことが大切です。肩関節に負担をかけている筋肉を緩めていくと肩の負担が減り動きが改善していきます。動きが改善することで肩の痛みが引いていきます。

原因を考えて五十肩治療を

上記で説明したように当院では五十肩の根本的な原因は痛いところにはなく首(うなじ)、背骨、腰臀部、股関節、足関節に存在していると考えています。強烈な動きの制限や痛みが出ている場合はこれらの影響がひとつだけではなく複数絡まりあっていることがほとんどです。その他に五十肩治療で大切なのはどういう動きで痛みが出現するのかです。腕を横から上げられないのか、髪の毛を結ぶ動きができないかなどを把握することが大切になります。

当院ではカウンセリングでお話をお伺いし、お体全体を観察することで肩関節に影響している部位を見極め、筋肉の緊張(こり)を鍼で緩め、全体のバランスを整えることで五十肩を改善していきます。

このはり治療にはマッサージのような気持ち良さはありませんが、肩関節に直接鍼をしていないのに緩んでいく、腕が動くといった不思議な感覚があります。それは鍼をした瞬間に感じられるものです。この筋肉が緩まる感覚は整体やマッサージなどと違った鍼治療だからこそ得られる効果です。

またお一人おひとり五十肩の問題点は違います。しっかりと診させて頂くことでひとつひとつ丁寧に原因を紐解いていき、五十肩を解消していきます。

五十肩で悩んでいるが、なかなか改善に向かわない方はぜひ一度お気軽にご相談ください。

ご予約方法

自分の現在の症状ははり治療で対応できるのか?などはり治療が初めての方や当院が初めての方は不安も大きいと思います。なにか症状で悩んでいていろいろなホームページを見られていたらなおさらです。ささいなことでも結構ですので、気になることがありましたら下記バナーをクリックしLINE@等でお気軽にお問い合わせください。

五十肩・肩こりの症例

実績の証明として当院の症例を、一部公開しています。

当院ではり治療を受ける方の約8割は鍼未経験者です

当院が初めての方は下記バナーをクリックしてご覧ください。