toggle

頭痛

当院の新型コロナウイルスへの対策について

こちらをクリック

頭痛専門

当院は頭痛の辛い症状に対し專門的に施術している鍼灸院です。慢性的な頭痛は本当に辛いものです。頭痛にはさまざまなタイプがあります。原因を見極め根本から解消していきます。

頭痛について

頭痛には【偏頭痛】【緊張型頭痛】【群発性頭痛】など言われている一次性頭痛と脳出血や腫瘍などによる二次性頭痛に分類されます。鍼灸院で対応できるのは一次性頭痛になります。緊張型頭痛は全体の約80%を占め、ついで偏頭痛が約8%、群発性頭痛が約2%と言われています。この一次性頭痛の3つには共通した原因があります。

hitohari&yogaが考える頭痛の原因

首・肩こりと頭痛の関係

頭痛は首こり・肩こりが強くなった結果、起こるものと考えています。

頭痛のある方は必ずと言っていいほど首こり、肩こりがあります。

しかし、中には

首や肩にこりは感じない」

もしくは

「首、肩は直接マッサージなどで施術してもらってるけどすぐ元に戻ってしまう」

という方がいるかもしれません。

頭痛が強く出ている場合、他の辛さを感じることができません。

人間は一番強い痛みしか感じられないからです。

また、首や肩に施術を受けても元に戻ってしまうのは首や肩を硬くしている原因がそこにはないからです。

頭痛を引き起こす首、肩こりの原因は首や肩以外にあります

首や肩のコリは頭痛を起こしている硬さではありますが、首や肩を硬くしている直接の原因は他にあります。

その原因とは【手】【腰】【骨盤】【足】【内臓】など多岐にわたります。

首こりや肩こりに影響を与えている上記の原因に鍼をして緩めることで頭痛の根本的な改善に繋がっていきます。

肩こりがいろいろなところから影響を受けるように、頭痛も肩こりの影響する箇所によって痛むところが変わってきます。

頭痛にもタイプがあります

頭痛と一言でいっても痛む場所が違います。

【おでこ】【側頭部】【目の周り】【目の奥】【まゆげ】【後頭部】【頭頂部】【こめかみ】【耳たぶの後ろ】

など頭痛といっても痛む場所がさまざまです。

なので頭痛が出ている部位によってもアプローチする場所が異なってくるのです。

全身から首や肩のこりに悪影響を出している筋肉の硬い場所はどれなのかを見極め、筋肉を緩めることによって頭痛の治療をおこなっていきます。

肩こりという言葉は簡単で単純に聞こえます。

ですが、実際治療となると様々パターンがあり原因を特定するのが難しい症状です。

頭痛と首や肩こりが深く関係しているパターンを見つけ施術していくことで、今あなたがお困りの頭痛に対応することができるのです。

辛い頭痛でお悩みの方はhitohari&yogaにお気軽にご相談してください。

頭痛の症例

実績の証明として当院の症例を、一部公開しています。hitohariの治療でどのように体が整っていくのかをご参考としてぜひご覧ください。

こんな頭痛の症状でお悩みではありませんか?

☑️頭がズキズキ痛む 

☑️ズキンズキンと脈を打つように痛む

☑️締めつけられるように痛む

☑️こめかみが痛い

☑️目の奥が痛い

☑️休日やリラックスすると痛くなる

☑️後頭部が痛む

☑️吐き気、嘔吐を伴う

☑️頭頂部が痛む

上記の症状が出る頭痛でお悩みの方は、はり治療で改善する可能性があります。

また病院から薬を処方され服用しているが、だんだん効き目が悪くなってきた。

なかなか痛みが和らがない方などもお気軽にお問い合わせください。

頭痛の分類

頭痛には主に

一次性頭痛

・病気が原因ではない頭痛

二次性頭痛

・病気が原因で起きる頭痛

があり、はり治療で改善が期待できるのは一次性頭痛です。

一次性頭痛の分類

緊張型頭痛

頭痛全体の70%を占め頭痛の中で最も多い頭痛で首や肩のこりに悩んでいる方に多いのが特徴です。

また、精神的なストレスや首、肩の血流が悪くなることで筋肉の緊張が強くなり頭痛が起こると言われています。

偏頭痛

頭痛全体の20%を占めます。

偏頭痛は脳の血管が拡張することで起こると言われていますが、実際には原因ははっきりとは分かっていません。

血管の拡張で偏頭痛が起こっていると言われているため頭を動かしたり、血流が増加することで悪化すると言われています。

群発性頭痛

頭痛全体の割合は少ない頭痛ですが、目がえぐられるような激しい痛みが特徴です。

また群発性頭痛が発症すると1〜2ヶ月間集中して起こることがあります。目の充血、涙目、鼻水などの症状を伴うことがあります。

薬物乱用頭痛(MOM)

長期にわたり(3ヶ月を超えて)頭痛薬を使用しており、1ヶ月の間でも15日以上頭痛薬を飲んでいる方は頭痛薬の飲みすぎによって頭痛が起こっている可能性があります。

この場合は、いきなり薬を辞めるのではなく少しずつゆっくりと改善に向けて治療してく必要があります。

二次性頭痛の分類

  • くも膜下出血
  • 脳腫瘍
  • 頭蓋内出血  など

次の症状がある場合には、すぐに病院を受診してください

  • 今まで経験したことがない程の激しい痛みの頭痛
  • 痛みが急激に強くなる
  • 意識障害を伴う
  • 痛みが日に日に強くなる
  • 高熱を伴う頭痛

病院での対処方法

病院での治療だと薬物療法が中心になります。

アセトアミノフェン、アスピリンなどの鎮痛薬、エルゴタミン製剤、トリプタン系などの血管収縮薬などの薬から症状に合ったものを処方されています。

しかし、根本的な解決になっていないため、薬に頼り続けたり、効果がないことが少なからずあります。

頭痛の症例

実績の証明として当院の症例を、一部公開しています。

料金について

初診料

2,000円(税込)

施術料

4,500円(税込)

ご予約方法

当店は、はり治療、ヨガともに完全予約制です。

はり治療、ヨガともに予約時間が固定されています。

下記のネット予約画面よりスケジュールをご確認してください。

LINE@からのご予約

LINE@からのご予約も受け付けております。

ご予約は24時間受付しておりますが、返信にはお時間を頂くこともあります。

ご自身の症状がはり治療で対応可能か分からない方はお気軽にご相談ください。

下のバナーよりお気軽にご登録してください。

ネット予約

ネット予約は仮予約です。

当店が予約確定にするとメール確定の返信が送られ、予約完了になります。

※定員がいっぱいの時も予約ができますがキャンセル待ち登録になります。

ネット予約の手順

①メニューより「はり治療」か「ヨガ」を選択。

はり治療メニューの注意点

・当店で初めて「はり治療」を受けられる方はメニューから”初診の方はこちら”を選んで予約してください。

・「はり治療」が2回目以降の方はメニューの”初診の方はこちら” ”2回目以降の方はこちら”のどちらからでもご予約できます。

・2回目以降の方は”すべてのメニュー”を選択された方が見やすいです。

②ご希望の日時を選ぶ

③仮予約後に当店から予約確定メールが届き次第、予約完了です。

※はり治療が初めての方でどうしても日程が合わない方がいらっしゃいましたら、LINE@もしくはお電話でご相談ください。

※お使いの端末によって予約表の表示が深夜帯になっております。受付時間帯までスクロールして頂くと予約の枠があります。

お電話でのご予約

TEL : 0562-74-4107

※施術中やレッスン中などは電話に出られないこともあります。

時間を置いてお掛け直しをお願いいたします。

hitoahriの鍼灸治療の特徴

根本(原因)を探す

痛みがあっても、痛みが出ている場所に原因があるとは限りません。

そのほとんどが別の場所に潜んでいる事が多いです。

当院ではどこに原因が潜んでいるのか全身に目を向け、根本を探します。

少ない刺激で即効性のある効果

原因が潜んでいる場所を的確に探すことで、少ない刺激で即効性のある効果が期待できます。一本、鍼を刺すごとに動作確認をするので、患者様にも大変効果が体感しやすい治療法といえます。

住所

〒478-0055
愛知県知多市にしの台1丁目2605

※治療院の前に駐車スペースがあります。(最大3台まで)