toggle

腰痛の症例

腰痛の症例

腰痛の改善報告

症例1 腰痛 知多市 男性

患者

20代男性

来院

2018年10月

症状

仕事の作業で無理な体勢(前かがみになりながら腰をひねって作業する)をすることが多く首と腰が痛い。以前から仕事で痛くなりやすく、その都度はり治療を受けていた。院長の以前の職場ではり治療を受けてくださっており、開業を機に来院いただいた。

治療内容

腰は右側が辛く腰を横に倒す動きで痛みが出るため、ふくらはぎに鍼をすると違和感が減弱。後ろに反らす動きでも痛みが出るため、ふくらはぎの別のツボに鍼をしたところ反らす動きでの痛みは消失、太ももの裏側のハリ感も強かったため鍼をすると腰が楽になる。若干の違和感は残っているものの最初よりは良いとのことで治療を終了する。2ヶ月後に久しぶりに来院された際にお伺いすると、数日すると残っていた違和感も取れ楽になり現在は気にならないとの事を確認できた。

同時に治療した症状

首の痛み

使用した主なツボ

玉陽、玉天、殷門、陽輔

まとめ

腰に痛みがあるとどうしても腰に対し治療をしたくなるが原因がそこにあることはほとんどない。その場は良くなった気がするが、すぐ戻ってしまうのは原因にアプローチできていないから。原因をしっかりと見極めアプローチすれば1回の治療で良くなることもある。患部だけを見るのではなく全体を見ることの重要性を改めて認識させて例である。

※結果には個人差があります。効果を保証するものではありません。

症例2 ぎっくり腰 東海市 女性

患者

40代 女性

来院

2018年12月

症状

1週間ほど前にぎっくり腰になり様子を見ていたが最初よりは痛みは引いてきたものの、まだどの動きをしても痛みが出る。仕事をしていても痛いし動くたびに怖い。以前肩こりの治療で来たことのある当院へ来院。

治療内容

腰の動きを無理のない範囲で確認すると前・後屈、回旋、側屈全てで痛みが出る。また座った状態で前屈するのは怖くてできない。触診すると、太もも裏のハリ感が強いので鍼をして緩めると、少し楽な感じがすると。次に回旋の動きに関係する腰の硬さがあったため左手の甲に鍼をした所、回旋の動きで痛みが消失。右腰にも固いところがあったため右手の甲に鍼をすると前・後屈ができるようになる。座っての前屈は変わらず怖さが残るため肘のツボに鍼をすると怖さが消え、前屈ができるようになる。無理のない範囲で腰を動かしてもらうと、全く痛みがないとの事で治療を終了した。帰り際に靴下履く動きができなかったが、今は自然とできていたと驚かれていた。

使用したツボ

殷門(L)、精霊(L)、威霊(R)、曲池(L)

まとめ

ぎっくり腰には足から影響して痛くなるものと肩甲骨が影響して痛くなるものがある。今回は主に肩甲骨の硬さが腰に影響してしまったぎっくり腰であった。動きの確認をすると原因となっている箇所が明らかになっていく。痛みを出している原因を見極め、的確にアプローチする事で早期改善に繋がる。

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

症例3 右腰の痛み 知多市 女性

患者

60代 女性

来院

2019年9月

症状

1週間前から右腰に違和感があった。来院日前日に手を伸ばした際に右腰に激痛が走った。その後体操をしたほうがいいと思い体操をしたところ余計にひどくなった。来院日当日は温泉など入ったら昨日よりは痛みが減ったが違和感はまだあるとのこと。立ち上がる時や横腹が痛み、立っているだけでも臀部に痛みが出てくる。

治療内容

1診目

手を伸ばした時に腰を痛めたことから肩甲骨の緊張を疑う。実際に触診してみると肩甲骨内縁や外縁に特徴的な緊張がある。また立ち上がる時の痛みは中腰の姿勢で痛みが出ていると考えた。腰全体に緊張があったため臀部のツボで緩める。次に肩甲骨内縁と外縁のツボに鍼をすると動きやすくなった。立ち上がる時の痛みに関係する脊柱のツボに反応があったため足のスネにあるツボに鍼をすると立ち上がりやすくなる。動きやすくなったとのことなので初回は終了。

2診目

前回後だるさが出たが、腰に重い感じが残るものの痛みは減っていると。立ち上がる時の痛みはない。捻る時に痛みが出る。仕事の関係で指先をよく使うとのことで手のツボから腰にアプローチする。また腿裏の緊張も強いため、腿裏のツボに鍼をした。捻る動きに関係する足のツボに鍼をすると捻る動作で痛みが減る。治療終了後、腰の痛みはほとんど気にならないとのこと。また痛みが出たら連絡するように伝え、治療を終了する。

使用したツボ

大臀(R)、ふくら2(R)、T3(4)R、玖路(R)、渝谷(R)、殷門(R)、飛陽(R)

まとめ

ぎっくり腰は肩甲骨の緊張から起こること多い。腰を治療する際に重要なのはどういう動きで痛みが出たが重要である。また、特に何も動いていないのに腰が傷んでしまった場合は、普段どういう姿勢でいること多いかを確認することが大切である。腰の痛みだけを追うよりも全身に目を向けた方が早期に改善する場合も多い。

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

症例4 右腰の痛み 知多市 女性

患者

30代 女性

来院

2019年10月

症状

来院の前の週の金曜日に急に腰が痛くなった。仙骨付近に強い痛みを感じる。車の乗り降りや立ったり座ったりの動作で痛みが出る。腰痛発症後に旅行に行き余計に痛みが増し、翌週月曜日から立っているだけでも痛みが強くなる。動いている方がまだ楽。

治療内容

1診目

触診をすると仙骨付近に強い圧痛がある。また女性座りでも同じところに痛みが出る。腰痛が出た原因はわからないが、旅行前に女性座りで用意をしており、普段も同じ座り方をずっとしているとのこと。腰の筋肉全体に緊張があったため手のツボに鍼をすると、腰の違和感がかなり減少した。次に肘のツボに鍼をすると仙骨付近の圧痛が減少。最後に足のスネにツボに鍼をして、痛み動きともに楽になったため初回は終了。

2診目

前回後から最初に訴えていた痛みは感じなくなるが、臀部や腰骨付近の痛みが気になるようになった。手のツボと太もも裏にあるツボに鍼をしたところ、腰の違和感はほぼ取れる。中腰の姿勢で少し不安があるとのことだったので、足のスネのツボに鍼をする。痛み、違和感がなくなったとのことで何かあったら連絡していただくよう伝え、治療を終了した。

使用したツボ

渝谷(R)、曲池(R)、玖路(R)、豊隆(R)、殷門(R)

まとめ

普段から女性座りをしながら家のことをすることが多いため腰に負担がかかっていたところに、旅行の荷造りで過剰の負荷がかかってしまったために痛みが出たものと思われる。痛む場所も大事だがどういう姿勢で普段過ごしているか、または痛みが出たかというのはとても大事である。些細なヒントでも治療には大きく影響することがる。

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

症例5 朝起きたら激痛だったら腰痛 知多市 男性

患者

40代 男性

来院

2019年12月

症状

前日まで腰が気になることはなかったが朝起きたら激痛だった。立ち上がる時や座っていると我慢できないくらい痛みが強い。立っている時の方がまだ痛みは楽。

治療内容

1診目

触診すると腰に圧痛が強い場所があった。立ち上がる時や座っているときと同じ箇所の痛み。最初はうつ伏せになるのが辛そうだったため、肩甲骨のツボに鍼をする。痛みは大きくは変わらないがうつ伏せができそうとのことでうつ伏せになってもらい、圧痛が出る箇所と関係するツボを確認するとかなり強い緊張があるため鍼をすると圧痛が減少。座ってもらうと最初より大分良いと。立ち上がるときに関係する箇所にも反応があったためスネにあるツボに鍼をする。最初よりも動きや痛みがいいとのことで終了。2日後に様子を確認したところ治療日はまだ痛みがあったが、次の日起きたときにはすっかり痛みが消えていたとのこと。

使用したツボ

肩稜(L)、C4(2)L、玉人(L)、玖路(L)

まとめ

前日に違和感や痛みがなかったとのことだが、話をよく聞くとサウナに行きそのままお酒を飲んだと話してくれた。サウナは体を温めてくれるがその後の汗が体を冷やしてしまうことがよくある。その後のお酒で外と体の内側から冷やしてしまい気温・体温が一番低くなる朝に痛みが出てしまったと思われる。また腰痛を引き起こしていた足の緊張もかなり強かったことからもともと体の負担もあった。ギックリ腰は冷えなどからも起こることもあるので腰の弱い方は、寒い季節は特に気をつけた方が良い。また今回は1回の治療で回復したがギックリ腰は炎症も強いことから痛みも引きやすいが、痛み再度戻りやすくもあるので注意が必要である。

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

腰痛についてはこちら

お電話・LINE@からご予約いただけます。

当店は、はり治療、ヨガともに完全予約制です。

はり治療、ヨガともに予約時間が固定されています。

下記のネット予約画面よりスケジュールをご確認してください。

お電話からのご予約

予約受付時間:9:00~19:00
TEL:0562-74-4107

LINE@からのご予約

LINE@からのご予約も受け付けております。

ご予約は24時間受付しておりますが、返信にはお時間を頂くこともあります。

ご予約の他にもご質問も受け付けております。

下のバナーよりお気軽にご登録してください。

ネット予約

ネット予約は仮予約です。

当店よりメールが返信が送られてくると予約完了になります。

※定員がいっぱいの時も予約ができますがキャンセル待ち登録になります。

ネット予約の手順

①メニューより「はり治療」か「ヨガ」を選択。

はり治療メニューの注意点

・当店で初めて「はり治療」を受けられる方はメニューから”初診の方はこちら”を選んで予約してください。

・「はり治療」が2回目以降の方はメニューの”初診の方はこちら” ”2回目以降の方はこちら”のどちらからでもご予約できます。

・2回目以降の方は”すべてのメニュー”を選択された方が見やすいです。

②ご希望の日時を選ぶ

③仮予約後に当店から予約確定メールが届き次第、予約完了です。

※はり治療が初めての方でどうしても日程が合わない方がいらっしゃいましたら、LINE@もしくはお電話でご相談ください。

Instagram