toggle

生理痛(月経困難症)

当院の新型コロナウイルスへの対策について

こちらをクリック

生理痛(月経困難症)・PMS(月経前症候群)

毎月やってくる生理の不調。

この不調がなければ、、、、」とお悩みではありませんか?

当院のはり治療は生理痛を起こしている根本原因を解消します。

根本原因を解消する事で鎮痛剤やピルなどに頼らず、生理痛に悩まされない体づくりを目指すことができます。

生理痛を意識しない生活を過ごしていただくのが当院の目標です。

こんな生理痛のお悩みはありませんか?

☑️鎮痛剤を飲んでも痛みが取れない

☑️薬に頼らず改善したい

☑️ストレスが原因と言われたが、どうしたら良いか分からない

☑️自律神経の問題かもしれないと不安を感じている

☑️生理の時に頭痛吐き気が強くなる。

☑️生理の時に便秘・下痢に悩んでいる

☑️生理痛と「付き合う」のではなく「さよなら」したい

☑️生理痛がひどくて予定を立てられない

生理痛はタイプ別に分けられます

・肩こり、頭痛 ・便秘 ・下痢 ・吐き気 ・ストレス ・膀胱炎 ・腰痛 ・胃もたれ

生理の不調といっても上記のようなさまざまな症状が起こります。

生理痛を治療する時には上記の症状に合わせて治療方針を組み立てる必要があります。

そうすることで辛い生理痛の根本原因を解決していくことができます。

生理痛・PMSの原因

hitohari&yogaの視点

生理痛と一言で言っても【肩こり・頭痛】【下痢】【便秘】【吐き気】【ストレス】【腰痛】【胃の不調】などといったさまざまな症状があります。

例えば【肩こり・頭痛】【胃の不調】とそれぞれ違う症状の場合、【肩こり】ではおへその下の反応を見たり、【胃の不調】ではみぞおち付近の反応を見ます。

当院では子宮周辺の血流はもとよりお腹全体を生理時の症状に合わせて、詳細に分析しピンポイントで緩めることで月経痛・PMSの解消を目指します。

月経困難症の方の多くは子宮周辺の血流の悪さがあります。

生理痛を解消するには子宮などの内部の血流をよくするツボを使います。

内臓に異常があるとお腹の表面に硬さとして反応が出ます。

そのお腹の硬さの場所によって上記の症状が併発します。

腹部のエリアを細かく分けており、そのエリアは19エリア(左右で38エリア)にもなります。

そのエリアのどこに硬さが出ているのか確認し、それぞれ一つ一つのエリアに対応したツボに鍼をしていきます。

お腹に直接さすことはなく、そのほとんどが手足のツボになります

お腹の硬さがあった場所が柔らかくなれば内臓の調整ができたと判断します。

その場でお腹の硬さが変化したかが確認できるので、術者にも患者様にも確実にお腹の変化を感じていただける治療となります。

こうしてタイプ別に生理痛を分析し、お腹の硬さや血流を正常に戻していくことで症状の改善を目指して行きます

生理痛、PMSの症例

実績の証明として当院の症例を、一部公開しています。hitohariの治療でどのように体が整っていくのかを参考としてぜひご覧下さい。

生理痛(月経困難症)の原因

生理痛には主に2種類あると言われています。

機能性月経困難症

生理周期になると卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)というホルモンが分泌されます。

この時に卵胞ホルモン(エストロゲン)が過剰に分泌されると、プロスタグランジン(Pg)というホルモンを増加させてしまいます。

Pgが増加すると子宮の収縮を強くさせてしまい、腹痛や腰痛など言った生理痛の原因になってしまいます。

器質性月経困難症

最近は若い女性も増加傾向にあり「子宮内膜症」「子宮筋腫」と言った子宮や卵巣に腫瘍や炎症が起こることで、生理痛を引き起こしてしまいます。

東洋医学から見た原因

東洋医学では「気・血・水」のバランスが取れている状態を健康な状態としています。

生理痛に関係しているのは「気・血・水」の内の「血」の状態が悪いことが多いです。

(実際はどれか一つが悪いという単純なものではなく複合的にバランスが崩れていることが多いです)

子宮周辺の血の状態が良くなく「瘀血」「血虚」と言われる状態になっています。

「瘀血」の状態ですと子宮周辺に汚れている血が停滞し「血虚」の状態ですと血の量が足りずに生理痛を引き起こしていると言われています。

西洋医学、東洋医学どちらにも共通するのが血流の悪さということになります。

生理痛(月経困難症)の治療法

病院などの一般的な方法

・鎮痛薬

プロスタグランジンの生産を抑え、痛みを和らげるために用います。

・女性ホルモン薬(低用量ピル)

排卵を抑え、プロゲステロンの生産を抑えることで子宮内膜の生産を止め症状が緩和されます。

・漢方薬

「瘀血」や「血虚」のよる血液の滞りを改善するために用います。

料金について

初診料

2,000円(税込)

初回時にかかる料金です。

施術料

4,500円(税込)

ご予約方法

当店は、はり治療、ヨガともに完全予約制です。

はり治療、ヨガともに予約時間が固定されています。

下記のネット予約画面よりスケジュールをご確認してください。

お電話でのご予約

TEL : 0562-74-4107

※施術中やレッスン中などは電話に出られないこともあります。

時間を置いてお掛け直しをお願いいたします。

LINE@からのご予約

LINE@からのご予約も受け付けております。

ご予約は24時間受付しておりますが、返信にはお時間を頂くこともあります。

ご予約の他にもご質問も受け付けております。

下のバナーよりお気軽にご登録してください。

ネット予約

ネット予約は仮予約です。

当店よりメールが返信が送られてくると予約完了になります。

※定員がいっぱいの時も予約ができますがキャンセル待ち登録になります。

ネット予約の手順

①メニューより「はり治療」か「ヨガ」を選択。

はり治療メニューの注意点

・当店で初めて「はり治療」を受けられる方はメニューから”初診の方はこちら”を選んで予約してください。

・「はり治療」が2回目以降の方はメニューの”初診の方はこちら” ”2回目以降の方はこちら”のどちらからでもご予約できます。

・2回目以降の方は”すべてのメニュー”を選択された方が見やすいです。

②ご希望の日時を選ぶ

③仮予約後に当店から予約確定メールが届き次第、予約完了です。

※はり治療が初めての方でどうしても日程が合わない方がいらっしゃいましたら、LINE@もしくはお電話でご相談ください。

※お使いの端末によって予約表の表示が深夜帯になっております。受付時間帯までスクロールして頂くと予約の枠があります。

hitoahriのはり治療の特徴

根本(原因)を探す

痛みがあっても、痛みが出ている場所に原因があるとは限りません。

そのほとんどが別の場所に潜んでいる事が多いです。

当院ではどこに原因が潜んでいるのか全身に目を向け、根本を探します。

少ない刺激で即効性のある効果

原因が潜んでいる場所を的確に探すことで、少ない刺激で即効性のある効果が期待できます。一本、鍼を刺すごとに動作確認をするので、患者様にも大変効果が体感しやすい治療法といえます。

住所

〒478-0055
愛知県知多市にしの台1丁目2605

※治療院の前に駐車スペースがあります。(最大3台まで)