toggle

坐骨神経痛

坐骨神経痛

痛みや痺れで辛い症状の坐骨神経痛にも鍼灸治療は対応できます。

こんなお悩みはありませんか?

  • 何もしていなくてもお尻や足に痛みや痺れがある
  • 長時間立っていたり、座っていたりすると痛みが出る
  • 寝ていてもお尻や足が痛くて眠れない
  • 腰を動かすと痛みが出る
  • 靴下を履くなど体をかがめる動きをすると痛みが出る

症状

多くの場合【お尻】【太ももの裏】【ふくらはぎ】にかけて痛みや痺れがある事が多く、日によって痛みや痺れ具合が違う時もあります。

座っているときや、靴下をはく体勢の時にも痺れが出やすい方もいらっしゃいます。

痛みや痺れの他に、どーんと重たい感じが出る人もあったり、足をもぎ取りたくなると表現される方もよくいらっしゃいます。

坐骨神経痛というのはそれだけ辛い症状です。

また坐骨神経痛単体で痛みや痺れが出ている方もいれば、腰痛も気になる方も多く見受けられます。

坐骨神経痛の原因

  • 椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離すべり症
  • 変形性腰椎症
  • 梨状筋症候群
  • 腰椎腫瘍

これら上記の疾患によって痛みや痺れが引き起こされてしまっていることもあります。

ただ、痛みや痺れを抱えて病院を受診しても上記のように原因が分かるものは全体の15%程と言われています。

残りの約85%の方は腰痛と同じで実は原因がよく分からないのですが、当院では坐骨神経痛の原因は腰やお尻の筋肉が硬くなりすぎたことによって圧迫され、血流が悪くなっていることだと思っています。

坐骨神経痛の治療法

hitohari&yogaの視点

坐骨神経痛の痛みや痺れの原因は腰やお尻の筋肉が硬くなりすぎたことによって圧迫され、血流が悪くなったことと考えています。

しかし、ただ腰やお尻を緩めれば良いわけではなく、坐骨神経痛の痛みや痺れが出ているときはエリアやラインをしっかりと把握することが大切になります。

当院では症状が出ている場所によって施術ポイントを細かく分類しています。

例えば、足の前面に痛みや痺れが出る場合と後面に痛みや痺れが出る場合で原因点が違います。

また、動きによって足に痛みや痺れが誘発される方もいます。

この場合も症状を誘発する動きによって原因点が変わってきます。

上記の情報を収集した上で狙うツボを絞っていき、原因点が緩んでいくことで血流などが良くなり症状の改善することができます。

当院では実際に痛みや痺れが出ている箇所に鍼をするのではなく、根本原因である腰やお尻に対して鍼を行います。

ご予約方法

hitoahriのはり治療の特徴

根本(原因)を探す

痛みがあっても、痛みが出ている場所に原因があるとは限りません。

そのほとんどが別の場所に潜んでいる事が多いです。

当院ではどこに原因が潜んでいるのか全身に目を向け、根本を探します。

少ない刺激で即効性のある効果

原因が潜んでいる場所を的確に探すことで、少ない刺激で即効性のある効果が期待できます。一本、鍼を刺すごとに動作確認をするので、患者様にも大変効果が体感しやすい治療法といえます。

住所

〒478-0055
愛知県知多市にしの台1丁目2605

※治療院の前に駐車スペースがあります。(最大3台まで)