toggle

シンスプリント

シンスプリント

スネの内側に起こる嫌な痛み、その症状は鍼灸治療で対応できます。

シンスプリントとは

シンスプリントとはスネの内側に起こる鈍い痛み(鈍痛)です。

  • 過労性骨膜炎
  • 過労性脛部痛
  • 頸骨内側症候群

という名前でも知られています

繰り返しのジャンプやランニングを過度におこなうと発生しやすいと言われており、主にスポーツをやっている方に出やすい症状だと言えます。

シンスプリントの原因

スポーツを行なっている方に多く

  • オーバーユース(使いすぎ)
  • 関節の柔軟性の低下
  • 左右のバランスが崩れている
  • O脚、扁平足などの下肢の形態異常

といった理由でシンスプリントを発症することが多いようです。

陸上競技やサッカー、バスケットボールなど比較的走ることの多い競技選手に起こりやすく、中でも新入部員やブランク明けなど運動量が増え、急激に負荷がかかってくる選手に多く見受けられます。

また使い過ぎによる発症のほか、陸上競技の選手だと走るフォームの変更な段階で左右の足にかかってくる負荷が変わりバランスを崩してしまい、発症するということもあります。

シンスプリントの痛みも段階的に痛みが変わっていきます。

最初は少し違和感や痛みがあるな程度でも、次第にスポーツ中に痛みがではじめ、酷くなると日常生活でも痛むようになり、日常生活にも支障をきたすようになってきます。

シンスプリントの治療法

病院や接骨院などの一般的な方法

オーバーユース(使いすぎ)が主な原因で脛骨内側に炎症が起こっている状態なので、まず第一に「安静」することになります。

  • アイシング
  • 消炎鎮痛剤
  • ストレッチング
  • 足底板
  • 患部に電気をあてる
  • テーピング

などの対処法になってきます。

しかし原因がオーバーユース(使いすぎ)だけであれば上記の対処法でも回復してきますが、それだけでは回復してこない場合も多くあります。

何回通っても痛みが残っている場合は、足に負担をかけている原因が他にある場合があります。

当院の治療方法

脛骨内側の痛みなので足だけに負担がかかり、足に原因があると思ってしまいます

当院ではシンスプリントの原因は腰や股関節、背中などの上半身にも潜んでいると考えます。

特に背中から腰にかけての柔軟性が低下し、足に影響することが多くあります。

陸上競技など走っている時、地面に足が着地したときの衝撃はかかとから股関節や腰の方まで伝わります

背骨に柔軟性があれば伝わってくる衝撃も受け止めることができます。

しかし柔軟性がなくなってしまっている背骨には衝撃を受け止める能力が低くなり、足に過剰な負荷をかけてしまいます。

なので、当院では腰や背中の柔軟性を整え、衝撃を受け止める機能を回復する治療をしていきます。

具体的には、股関節や腰部の動作テストを行い動きに問題がないかをチェックします。

動きに問題があれば、一つ一つ問題を解決していき腰部や股関節の動きを整える治療をしていきます。

そうして整えていくことで、すねの負担が減り痛みが減っていくことに繋がっていきます。

当院では、直接症状の出ている箇所に鍼をすることはあまりなく、原因を見極めてアプローチしていきます。

動きの改善を行うことで痛みが軽減・消失する事が数多くあります。

痛みが出る動きから原因を特定し改善する。当院は動きの改善を目標に治療を行っていきます。

【料金について】

初診料

2,000円(税込)

初回時にかかる料金です。

施術料

4,500円(税込)

【hitoahriの鍼灸治療の特徴】

根本(原因)を探す

痛みがあっても、痛みが出ている場所に原因があるとは限りません。

そのほとんどが別の場所に潜んでいる事が多いです。

当院ではどこに原因が潜んでいるのか全身に目を向け、根本を探します。

【少ない刺激で即効性のある効果】

原因が潜んでいる場所を的確に探すことで、少ない刺激で即効性のある効果が期待できます。一本、鍼を刺すごとに動作確認をするので、患者様にも大変効果が体感しやすい治療法といえます。

ご予約方法

【お電話でのご予約】

TEL : 0562-74-4107

【LINE@からのご予約】

 

LINE@からのご予約も受け付けております。

ご予約は24時間受付しておりますが、返信にはお時間を頂くこともあります。

ご予約の他にもご質問も受け付けております。

下のバナーよりお気軽にご登録してください。

LINE@

住所

〒478-0055
愛知県知多市にしの台1丁目2605

※治療院の前に駐車スペースがあります。(最大3台まで)